1.2つの震度7 2.長周期タイプ 3.短周期タイプ 4.今後発生が懸念される地震 5.2つのタイプの揺れ対策