JFE鋼板株式会社

 
JFEエコガル > 取得証明および認定
取得証明および認定

JFEエコガルの沿革
1980~90年代
溶融亜鉛-5%アルミニウム合金めっき鋼板の耐食性向上として基礎研究を開始。
基礎研究で、マグネシウム(Mg)を3%程度まで含有させることで、耐食性が向上することを確認。一方でマグネシウム(Mg)は加工性(めっき層のクラック発生率)や溶接性を阻害するとの知見を得ることができました。
また、溶融亜鉛-5%アルミニウム合金めっき鋼板として有している加工性(めっき層のクラック発生率)と溶接性を維持しながら耐食性を向上させる方策を模索。
2005年
本格的に研究開発品として位置づけ。
2006年
JFEスチールと共同開発を開始。
お客様の用途を考慮し、JIS規格取得できる鋼板としての開発を決定。
2007年
第一回ライン試作を実施。(以降、数回のライン試作を実施)
2008年4月
営業生産開始。
日本初のJIS適合Mg添加高耐食性めっき鋼板として、販売を開始。
(JIS G 3317:溶融亜鉛-5%アルミニウム合金めっき鋼板および鋼帯に適合)

その後、お客様でご使用いただきやすいように、住宅関係、建材関係、ケーブルラック関係などの公的認定を取得(以下に表示)。今後も、必要な認定を取得してまいります。

2009年6月4日施行
長期優良住宅の普及の促進に関する法律
平成20年法律第87号により国土交通省から上記法律の評価方法基準にJFEエコガルが選定されました。
2010年5月11日
建築基準法
「第37条第2号」における機械的性質、溶接特性に対する国土交通大臣認定を取得しました。
〈認定番号〉MSTL-0287 : 400N/mm2級 / MSTL-0288 : 490N/mm2
2010年5月18日
建設技術審査証明(建築)〔めっき付着量 Y18〕
財団法人日本建築センターでの証明取得しました。
〈認定番号〉BCJ-審査証明-173
2010年10月28日発行
鋼製ケーブルラック用[電気設備工事監理指針 平成22年度版]
鋼製ケーブルラック用Z35適合商品としてJFEエコガルが掲載されました。
2011年4月21日
住宅の品質確保の促進等に関する法律
日本住宅表示基準に従って表示すべき劣化対策等級(構造躯体等)の特別評価方法について国土交通大臣認定を取得しました。
〈認定番号〉1128
2012年8月現在
特許7件出願済。

JIS規格商品
JFEエコガル(めっき)は、JIS G 3317に適合した日本初のマグネシウム(Mg)添加高耐食性めっき鋼板です。
JFEエコガルはJIS規格品のため、仕様折込などが可能です。そのため、様々な用途で使いやすい商品となっております。

特許(第5101249号)
特許 平成24年10月5日
ガルファンベースのめっき層にマグネシウムとニッケルを添加することで、耐食性の良いめっき鋼板を製造する方法の特許が登録されました。


建設技術審査証明(建築技術)〔めっき量 Y18〕
建築技術審査証明(建築技術) 平成22年5月18日取得
財団法人日本建築センターでの「建築技術審査証明(建築技術)(BCJ-審査証明-173)」を取得しております。この審査により、JFEエコガルは後めっきの6分の1程度の付着量で同等以上の耐食性を有することから、後めっきの代替が可能であり、また、従来の溶融亜鉛めっき処理で防食した鋼板では対応できなかった分野にも使用できることが証明されました。


建築基準法認定書
建築基準法認定書 建築基準法認定書 平成22年5月11日取得
「建築基準法第37条第2号」の規定に適合するものとして、国土交通大臣認定を取得しております。


住宅の品質確保の促進等に関する法律特別評価認定書
住宅の品質確保の促進等に関する法律特別評価認定書
平成23年4月21日取得
「品確法」の規定に基づき、日本住宅性能表示基準に従い、表示すべき劣化対策等級(構造躯体等)の特別評価方法について、国土交通大臣認定を取得しております。認定取得により住宅性能表示基準に従った性能表示が可能な材料となりました。


不燃認定(NM-8697)
平成14年5月17日取得
建築基準法第68条の26第1項(同法第88条第1項において準用する場合を含む)の規定に基づき、同法第2条第九号及び同法施工令第108条の2(不燃材料)の規定に適合するものとして国土交通大臣認定を取得しております。