JFE鋼板株式会社

 
JFEエコガル品質特性 > その他
品質特性

その他
補修塗装

溶接部および切断端部の補修にはジンクリッチペイントを推奨します。

例)ローバルや、ジンキースペシャル等の塗料


溶接部補修塗装後のCCT(複合サイクル試験)結果

化成処理 試験時間(h)
0 300 500 1000
クロメート クロメート 0 クロメート 300 クロメート 500 クロメート 1000
クロメート
フリー
クロメートフリー 0 クロメートフリー 300 クロメートフリー 500 クロメートフリー 1000
溶接条件

自走式アーク溶接装置
炭酸ガスシールド
突合せ溶接

補修塗装

前処理:ワイヤーブラシ
脱 脂:溶剤脱脂
塗 装:スプレー塗装
塗 料:ローバルアルファ
乾 燥:1日室温乾燥
膜 厚:約15μm

試験方法

CCT(複合サイクル試験)
JIS K 5600-7-9 D法

JIS K 5600-7-9 D法 腐食試験法



補修塗料例

塗料名 メーカー
ローバル ローバル(株)
ローバルアルファ
ジンキースペシャル 日本ペイント防食コーティングス(株)
JIS K 5600-7-9 D法 腐食試験法



後塗装性

JFEエコガルは、他のめっき鋼板と同様に塗装が可能です。
試験した範囲内では、後塗装性が優れる溶融亜鉛めっき(合金)と同等です。


供試材の明細とポストコート方法

  No. 原板 下塗 上塗 平均膜厚 塗色
比較材 A1 溶融亜鉛めっき(合金)
無処理
付着量F12
エポキシ系 アクリル系 36μm クリーム
B1 エポキシ系 メラミンアルキド系 50μm
C1 アミノアルキド系 メラミンアルキド系 62μm
供試材 A2 JFEエコガル
無機系
クロメートフリー
付着量Y12
エポキシ系 アクリル系 45μm
B2 エポキシ系 メラミンアルキド系 54μm
C2 アミノアルキド系 メラミンアルキド系 69μm
(1)塗膜密着性: 碁盤目テープ剥離試験 JIS K 5600-5-6
(2)耐食性: SST(塩水噴霧試験) JIS Z 2371
CCT(複合サイクル試験) JIS K 5600-7-9 D法
平面部およびクロスカット部の錆、膨れ、塗膜剥離


評価例

(1)塗膜密着性(碁盤目クロスカット部のテープ剥離)


No. A1 B1 C1 A2 B2 C2
密着性 剥離なし 剥離なし 剥離なし 剥離なし 剥離なし 剥離なし

残存塗膜を評価した結果、すべて剥離なく良好です。




(2)耐食性


平面 試験開始前

JFEエコガルはSST、CCT試験ともに平面部、クロスカット部での著しい発錆はなく、溶融亜鉛めっき(合金)と同等です。

試験方法
・SST:JIS Z 2371・CCT:JIS K 5600-7-9 D法


ご注意 1.上記塗装データは一例です。お客様による事前の塗装性確認テストをお勧めします。2.化成処理材を下地にご使用される場合は、適正なプライマーのご使用をお勧めします。


異種金属腐食性

異種金属腐食性
隙間腐食

材料接合部の隙間に水分が浸入し、長時間濡れ状態で腐食

異種金属接触腐食

亜鉛めっきと異種金属(ボルト等)電位差による腐食

ボルト周りの鋼板部分に赤錆


海水中における金属腐食電位列

海水中における金属腐食電位列

詳細は、添付(社)日本鉄鋼連盟「塗装/亜鉛系めっき鋼板の異種金属接触さび防止方法」をご参照ください。

接合時のポイント

  • 腐食電位差の小さい材料を用いる
  • 材料間を絶縁:スペーサー、パッキン、キャップ 等
・SST:JIS Z 2371・CCT:JIS K 5600-7-9 D法


  ユニクロめっき どぶ漬けめっき SUS304 ジンクリッチ塗装系
ジオメット処理 ラスパート処理
電気Znめっき 溶融Znめっき 電気Znめっき
SST
500h
× ×
ユニクロめっき電気Znめっき500h
赤錆発生
どぶ漬けめっき溶融Znめっき500h
赤錆発生
SUS304 500h ジンクリッチ塗装系ジオメット処理鉄500h ジンクリッチ塗装系ラスパート処理電気Znめっき500h
SST
2000h
× ×
ユニクロめっき電気Znめっき2000h
赤錆発生
どぶ漬けめっき溶融Znめっき2000h
赤錆発生
SUS304 2000h ジンクリッチ塗装系ジオメット処理鉄2000h ジンクリッチ塗装系ラスパート処理電気Znめっき2000h
ユニクロめっき電気Znめっき2000h どぶ漬けめっき溶融Znめっき2000h SUS304 2000h法 ジンクリッチ塗装系ジオメット処理鉄2000h ジンクリッチ塗装系ラスパート処理電気Znめっき2000h

左記のテスト範囲においては、ボルト自体の腐食による赤錆が確認される個体もありますが、JFEエコガルは錆びていません。



試験方法
SST(塩水噴霧試験) JIS Z 2371 5%NaCl溶液 35℃ー連続噴霧

供試材

めっき種 板厚 (mm) 加 工
JFEエコガル Y27
無機系クロメートフリー
2.3 11mmφの
下穴をあける