JFE鋼板株式会社

 
JFEエコガル品質特性 > 耐食性
品質特性

耐食性
1  平面部耐食性

実暴露データ

沖縄:海岸部
ECOG:JFEエコガル GF:従来ガルファン GI:溶融亜鉛めっき
山梨:田園地帯



耐食性

Y27めっき量(137.5g/m2以上/片面)の腐食減量の推移
JFEエコガルめっき[無処理]のCCT試験例 JFEエコガル[クロメートフリー]CCT試験例



各種めっき鋼板との特性比較(CCT JIS G 0594 C法)

CCT(JIS G 0594 C法)の腐食減量

JFEエコガル(ECOG)は、2000時間後でも赤錆の発生は見られず、従来ガルファン(GF)、溶融亜鉛めっき(GI)以上の耐食性を有しています。
CCT(JIS G 0594 C法)における赤錆発生率推移
平面部:Y18(片面90g/m2)
赤錆面積率
試験体を写真に撮り、画像処理にて
赤錆になっている面積を数値化したもの
( )内は屋外一般環境での暴露相当年数





2  加工部耐食性

1T 曲げ 加工部の耐食性 (CCT JIS G 0594 C 法)

CCT(JIS G 0594 C法)における赤錆発生率推移
CCT(JIS G 0594 C法)における赤錆発生率推移
1T曲げ試験

赤錆面積率
試験体を写真に撮り、画像処理にて赤錆になっている面積を数値化したもの
( )内は屋外一般環境での暴露相当年数

JFEエコガル(ECOG)は、溶融亜鉛めっき(GI)はもちろん、従来ガルファン(GF)以上の耐食性を有しています。




3 切断端面耐食性

切断面の犠牲防食作用

切断面の犠牲防食作用

色調、および上記変化のスピードは、板厚、剪断方法、環境等により変わります。
同一条件(同一環境・同一切断面)であれば、犠牲防食により、板厚が薄いもの、めっき厚の厚いものが有利となります。




CCT(複合サイクル試験)

CCT(JIS G 0594 C法)における赤錆発生率推移
CCT(JIS G 0594 C法)における赤錆発生率推移
赤錆面積率
試験体を写真に撮り、画像処理にて赤錆になっている面積を数値化したもの
( )内は屋外一般環境での暴露相当年数

屋外暴露試験

屋外暴露における赤錆面積率
屋外暴露における赤錆面積率
切断端面(暴露試験片)の 暴露事例
〈板 厚〉
0.8、1.6、および2.3mm
〈環 境〉
千葉県千葉市 海岸地域
( 波しぶき飛沫環境 年平均
気温16.3℃)


赤錆面積率
試験体を写真に撮り、画像処理にて赤錆になっている面積を数値化したもの

0.8mm厚では赤錆はほぼ見られませんが、1.6mm厚、2.3mm厚では5ヶ月で赤錆が発生し、その後、1年経過しても進行は止まっています。




4 後めっきとの特性比較

溶融亜鉛めっき(HDZ55:JIS H 8641)との耐食性比較

JFEエコガルのメリット

  • 後めっき時の製品形状歪の防止で板厚ダウン(6mm厚 → 3.2mm厚)可能
  • 後めっき工程の省略で短納期化が可能
  • めっき付着量の低減 HDZ55(片面550g/m2) → Y18(片面90g/m2
  • JFEエコガルは、溶融亜鉛めっきの1/6程度の付着量で同等以上の耐食性を示します。
     (各種促進試験結果より)
  • めっきに代替可能な防錆技術として(財)日本建築センターにて建築施工技術・技術審査証明(P13)を取得しております。
     (対象:エコガル JIS G 3317 付着量記号 Y18)



SST(塩水噴霧試験)による赤錆発生状況

A 平面部
平面部
B 180度曲げ部
180度曲げ部


C 切断端面部
切断端面部
供試材
めっき種 目付量
(片面g/m2
板厚
(mm)
JFEエコガル(ECOG) Y18(90) 2.3
後めっき HDZ55(550) 2.3

赤錆面積率

試験体を写真に撮り、画像処理にて赤錆になっている面積を数値化したもの



供試材(形状) 平板 180度曲げ


SST
(塩水噴霧試験)
1000h後
対応
グラフ
JFEエコガル
Y18(片面90g/m2)板厚2.3mm
優 劣 後めっき
HDZ55(片面550g/m2)板厚2.3mm
A
平面部
白錆:250h後に発生 優>劣 白錆:24h未満で発生 / 赤錆:250h後に発生
B
180度
曲げ部
後めっきと同じR曲げ加工後のSST 優>劣 R:0.5t
C
切断端面
シャー切断端面 優>劣 シャー切断後めっきした面



JFEエコガル切断端部のSST(塩水噴霧試験)後の外観

SST試験時間(h) 端面部
500 端面部 SST試験時間500h
1000 端面部 SST試験時間1000hm
1500 端面部 SST試験時間1500h
2000 端面部 SST試験時間2000h
供試材
めっき種 目付量
(片面g/m2
板厚
(mm)
JFEエコガル(ECOG) Y18(90) 2.3



沖縄・海岸(JFE暴露試験場) 18ヶ月間暴露後の外観

JFEエコガル
Y27(片面137.5g/m2) 板厚2.0mm
後めっき
HDZ55(片面550g/m2) 板厚2.0mm
JFEエコガルY27(片面137.5g/m2) 板厚2.0mm 後めっきHDZ55(片面550g/m2) 板厚2.0mm

JFEエコガルは切断面に赤錆跡が見られましたが、亜鉛の犠牲防食が始まっています。