性能と技術

11.5P広幅ブレース

1.5P広幅ブレース
・1P、1.5Pの混合設計が可能です
・1.5Pブレースは耐力も1.5倍、柱が少なくできるため鉄骨重量の軽減が可能です。
1.5P広幅ブレース
1.5Pブレース耐力試験
1.5Pブレース耐力試験
共同住宅の設計例(3階建て、620m2、屋根:折板、外壁:ALC50、床版:ALC100)
従来の1Pタイプ 1.5P使用率96% 1P+1.5Pタイプ
壁が多い共同住宅などに最適です。

2制震パネル

  • 耐震性能に関するお客様のニーズの高まるなか、従来の 耐力壁(壁ブレース)増設による耐震性向上は、建築計画上の制約もあり限度があります。
  • 開発したフレームキット用制震パネルは、従来設計の耐力壁に加えて配置します。
  • 従来のフレームキット構造の柱、梁をそのまま使用する接合構造のため、比較的安価に設置できます。
  • 従来型パネルと制震パネルの特性を考慮した応答解析により制震効果を検証。

[1]H形鋼をダンパーに使用した低コストモデル
[2]下層階に数枚プラスして設置
[3]ダンパー形状を最適化して優れたエネルギー吸収性能を発揮
[4]最大振幅の抑制、残留変形を大幅に軽減可能
[5]兵庫県南部地震3回分のエネルギー吸収が可能

制震パネルを配置したフレームキット構造の応答解析結果(JMA神戸波)
制震パネルを配置したフレームキット構造の応答解析結果(JMA神戸波)
制震パネル

制震パネル
制震パネル

3JFEエコガル・耐食性の比較

試験結果の一例を下表に示します。
[1]エコガルは、GIよりも少ないめっき量で(Y18とZ27の比較)、優れた耐食性を有しております。
[2]エコガルは、その優れた耐食性により、腐食による板厚減少を長期間抑止することが可能です。
JFEエコガル・耐食性の比較
塩水噴霧試験(SST:JIS Z2371)による耐食性比較

4防耐火認定―メンブレン工法   ※クリックすると拡大します。

防耐火認定―メンブレン工法 防耐火認定―メンブレン工法 防耐火認定―メンブレン工法 防耐火認定―メンブレン工法
防耐火認定―メンブレン工法 防耐火認定―メンブレン工法 防耐火認定―メンブレン工法