JFEエコガル | JFE鋼板
20/44

溶融亜鉛めっき(HDZ55:JIS H 8641)との耐食性比較SST(塩水噴霧試験)による赤錆発生状況● JFEエコガルは、溶融亜鉛めっきの1/6程度の付着量で同等以上の耐食性を示します。(各種促進試験結果より)● 後めっきに代替可能な防錆技術として(財)日本建築センターにて建築施工技術・技術審査証明(P13)を取得しております。(対象:エコガル JIS G 3317 付着量記号 Y18)JFEエコガルのメリット後めっき時の製品形状歪の防止で板厚ダウン(6mm厚  3.2mm厚)可能後めっき工程の省略で短納期化が可能めっき付着量の低減 HDZ55(片面550g/㎡)  Y18(片面90g/㎡)4 後めっきとの特性比較123試験時間(h)504030201000500100015002000赤錆面積率(%)後めっきECOGA 平面部C 切断端面部B 180度曲げ部試験時間(h)504030201000500100015002000赤錆面積率(%)後めっきECOG試験時間(h)504030201000500100015002000赤錆面積率(%)後めっきECOG試験体を写真に撮り、画像処理にて赤錆になっている面積を数値化したもの赤錆面積率供試材板厚(mm)2.32.3めっき種JFEエコガル(ECOG)後めっき目付量(片面g/m2)Y18(90)HDZ55(550)Quality characteristic品質特性18

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です