JFE鋼板 JFEエコガル
23/44

耐アルカリ性(pH 13.5)浸漬時間の影響腐食大腐食小試験方法・Na2SO41g/ℓ水溶液を基本浴として、酸性側はH2SO4を、アルカリ側はNaOHを添加してpHを変化させました。・25℃に保持した溶液中にサンプル(n=2)を24h浸漬し、腐食減量を測定。pHpH酸性アルカリ性浸漬時間(h)120100806040200(優)(劣)024487296120141210864206050403020100113579111335791113腐食減量 (g/㎡)腐食減量 (g/㎡)腐食減量 (g/㎡)供試材記号ECOGGFGIGL化成処理無処理無処理無処理無処理めっき種JFEエコガル従来ガルファン溶融亜鉛めっきガルバリウム目付量(片面g/m2)Y18(90)Y18(90)Z18(90)AZ150(75)溶融亜鉛めっきは、pH3以下の酸性領域では急激に腐食が進行します。JFEエコガルは、pH≒2までは、「低位安定」です。試験片は端面及び裏面をシールしたものを使用。pH=13.52 耐酸・アルカリ性JFEエコガルは、酸・アルカリ水溶液中では最も腐食減量が少なく、高い耐食性を示します。畜舎や化学工場などで、ガルバリウム(GL)以上の耐食性を示します。ECOGGIGFECOGGIGFGLECOGGIGFGL21

元のページ  ../index.html#23

このブックを見る