JFE鋼板 建材総合カタログ
133/152

132技術情報塗装亜鉛系めっき鋼板の塗膜劣化が進んで、白さびが発生している場合は、下塗りをしないと効果が半減しますので、さび止め塗装が必要です。2-1. 表面調整(素地ごしらえ)①色褪せの場合油、ゴミ、汚れを除去し、水洗いした後乾燥させます。②ふくれ、白さびが発生した場合 浮いた塗膜や白さびが落ちるまでワイヤーブラシ、ワイヤーホイル、紙やすりなどで入念に擦り除去します。この場合、できるだけめっきされた亜鉛層を削り取ったりしないよう注意して下さい。※腐食環境地域では、塗料店とご相談の上、塗料種類を選定下さい。2.塗り替え塗装について表1 点検基準塗膜にほとんど異常がないが、汚染、土、落ち葉などの堆積物が著しい塗膜にさびはないが光沢の減退チョーキングにいたっている塗膜にさびの発生傾向、光沢が減退、チョーキングが著しく上塗り塗膜がほとんど消失している部分もある弱溶剤2液ウレタン樹脂塗料または弱溶剤2液シリコン樹脂塗料またはフッ素樹脂塗料点さびが多く発生し、ひび割れ、さび、はがれが部分的に発生しているが一部活膜も残っている塗層面にさび、ひび割れ、はがれが発生し塗膜効果が全く失効している塗膜にほとんど異常がない

元のページ  ../index.html#133

このブックを見る