JFE鋼板 建材総合カタログ
98/152

97構 成フレームキットその他建材JFE鋼板 (株) 取扱い会社製品規格低層構造物に最適な鉄骨構造部材です。耐震性・耐久性にすぐれ、設計の自由度が高いシステム鉄骨部材です。木造軸組工法の柱、梁、筋交、土台などを鉄骨に置き換えた構造躯体です。高耐食性溶融亜鉛めっき鋼板を素材とした柱、梁と強固なブレースを専用金物を用いてボルト接合したシステム鉄骨部材です。建築規模基準寸法階 数:地階を除く階数が1階、2階、3階階 高:2.35m~4m(4m超:要相談)軒 高:9m以下(構造設計ルート1-1、1-2)    13m以下(構造設計ルート3)建築面積:1,500m2以下(1,500m2超:要相談)910mmまたは1,000mm(平面計画は455mmまたは500mmの倍数)地盤の長期地耐力30kN/m2以上(布基礎)、20kN/m2以上(べた基礎)※3階建てのペントハウス、屋上利用は可能ですが、 4階建ては対応できません。※建設地域は多雪区域および暴風地域でも対応します。階  数構造形式鉄骨造 (ブレース構造)3階以下(地階は除く)構成部材劣化対策等級柱梁補鋼材土台:□-75×75×3.2 (4.5)等級3(最高等級)※標準仕様:H-100×100×6×8  H-125×125×6.5×9鉛直ブレース水平ブレース接合金物:BH-200×99×4.5×4.5 BH-200×100×4.5×9 BH-250×99×4.5×4.5  BH-250×100×4.5×9:C-100×50×20×2.3RB-12BH-250×99×4.5×4.5(BH-250×100×4.5×9)BH-200×99×4.5×4.5(BH-200×100×4.5×9)梁部材鉛直ブレースRB-20(RB-22)板厚4.5~12接合金物土台H-100×100×6×8(H-125×125×6.5×9)補剛材水平ブレースC-100×50×20×2.3柱部材□-75×75×3.2(□-75×75×4.5)

元のページ  ../index.html#98

このブックを見る