Q&A
亜鉛めっき鋼板
溶融亜鉛めっき鋼板はなぜ、さびにくいのですか?
鉄に亜鉛めっきを施すと腐食環境下では電気化学的に亜鉛が鉄より先に溶け出し、鉄の腐食を防止する犠牲防食作用が生じます。

また、亜鉛がさびる(酸化する)ことによって緻密なさびの皮膜(不動態皮膜)が生成し、この皮膜が亜鉛表面の腐食の進行を遅延させ、鉄を保護する役目を果たします。

犠牲防食作用
(ガルバニック・アクション)