Q&A
亜鉛めっき鋼板
厳しい環境下では端面の発錆が心配ですが、端面の防錆処理はどうすればよいですか?
溶亜鉛めっきが形成されていない部分、例えば切断端面や傷付き部であっても、鉄地の露出面がわずかであれば亜鉛の犠牲防食作用によって、鉄がさびる前に周囲の亜鉛が先に溶出して鉄の露出面をさびの発生から防ぎます。

めっきの膜厚の厚いものほど、この効果は大きくなります。
しかしながら、長時間使用すると犠牲防食作用が低減し、さび発生は不可避となります。

このため端面の防錆処理には塗装あるいはシーリングなどにより腐食因子から鉄地を保護する方法がとられています。

さらに、使用時に端面が外部に露出しないような構造(例えば、かしめ構造)にするとより有効です。

亜鉛の被覆率と板厚の関係