Q&A
亜鉛めっき鋼板
耐用年数と保証はどの程度と考えればよいですか?
環境による耐候性、暴露試験結果を下表に示します。
立地条件や加工の状態によって個々の保証期間は異なりますので、弊社へご相談下さい。

亜鉛めっき鋼板の大気暴露試験結果とそれに基づいて推定した550g/m2めっき材の寿命
(年間腐食減量 の単位:g/年)
環境区分 年間腐-食減量 推定寿命
大気環境 地域の例 範囲 推定 550g/m2
人工的汚染の少ない場所
(日本の大部分の地域)
田園地域
内陸地域
4~16 10 50年
人工的汚染の多い場所 市街地域 3~18 15 33年
工業地域 8~19 15 33年
海塩粒子濃度の高い場所
(海岸線より2kmの範囲)
海岸地域 11~21 20 25年
海塩粒子高濃度地域 15~37 30 16年
直接海水の作用のある場所 飛沫地域 34~106 70 7年

<出典:西山記念講座 第138回「溶融亜鉛めっき鋼板の製造技術と進歩」平成3年5月、P160、表5>