Q&A
カラー鋼板
カラー鋼板の端面の防錆処理はどのようにすれば良いですか?
切断面の防錆を考えると、切断面の亜鉛の被覆率が多い方がよいので、切断する際はバリを少なくするとか、仕上げ打ち抜きにより、亜鉛層の被覆率を高めることが望ましい。

しかし、鉄部そのものの赤さびは防ぎきれないので、組立て加工上、切断面を内側に巻き込むなどして外部に出さないような対策を施します。

切断面の腐食の進行は激しくないので、一般的にはそのまま使用されているのが大半ですが、板厚が厚い場合など、外観と赤さびが気になる場合は切断面を塗装してください。


亜鉛の被覆率と板厚の関係
鉛の被覆率と板厚の関係