Q&A
カラー鋼板
曲げ加工はどの程度まで可能ですか?
カラー鋼板は、ロール成形機やプレスベンダーにて、種々の形状に加工されます。
このような場合、成形加工に耐える塗膜が必要で、JISには種類ごとに塗膜の物理的性質として、次のような性能が規定されています。


■曲げ密着性
 万力(バイス)にて180度曲げし、曲げ部の外側表面に剥離を生じてはならない
 (内側間隔:板厚0.4mmの場合、2枚ばさみ)。

試料と同じ厚みの板を2枚はさみ180度折り曲げる
試料と同じ厚みの板を2枚はさみ180度折り曲げる


■耐衝撃性
 デュポン衝撃変形試験(撃芯先端半径6.35mm、おもりの質量500g、高さ500mm)で剥離を生じてはならない。

■密着性
 塗膜に1mm間隔のゴバン目を入れ、試験部に異常を生じてはならない。