Q&A
カラー鋼板
接合はどのようにしたら良いですか?
0.6mm程度以下の板については、ほとんど、はぜ接合方式を採用しています。
はぜ接合の長所としては、接合のために他の部品または他の材料が不要です。ただ強度的に多少不十分な点もありますが、板厚とはぜの寸法を適切に選定し二重はぜを用いれば、強度上の目的を達成できます。

リベット打ち、ねじ止めは、板の接合方法で、はぜ組みのしにくい部位や板厚がはぜ組みに不適当な場合、特に強さを必要とされる場合、ならびに他の材料と組合せる場合に用います。

その場合、異種金属を用いますと腐食が発生する場合がありますので、適切な材料の選定が必要です。


はぜ接合例




リベット打ち、ねじ止め接合例